米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

初めて米国株の配当金を受け取りました

投稿日:

VOO(S&P500 ETF)の配当金

初めてVOOの配当金が入りました。

米国株で配当を受け取るのは初めてです。特に通知が来るわけではなく、気付くとドルの現金残高が増えており、入出金明細を確認してみると以下の表示が

お~、$121.50の入金が!?

約13,000円と少額ですが、うれしいものですね。

配当の詳細

  • 1株当たりの配当:$1.3014
  • 権利落ち日:2019/09/26
  • 分配基準日:2019/09/27
  • 分配金支払日:2019/10/01
  • 30日利回り:1.97%

権利落ち日の前日までに購入すると配当を受け取れます。

配当は年4回、3月・6月・9月・12月です。

計算方法

$1.3014×130株=$169.18
税引き前の配当金計:$169.18
アメリカでの税金10%:$169.18×0.9=152.26
日本での所得税・住民税20.315%:$152.26×0.79685=$121.32

※特定口座の「源泉徴収なし」にしていますが、米国株の配当はアメリカと日本両方の税金を引かれてしまいます。

微妙に計算が合いません…

日本での納税は日本円で行うため、その申告レートの違いやセント未満をアメリカでは四捨五入だったり、国内は切り捨てだったりするので少しズレるのかな…

外国税額控除とは

アメリカと日本で税金を納めることになるので、確定申告をすることにより外国税額控除を適用することができます。

正しサラリーマンなど所得税を納めている必要があり、戻ってくる割合も納めている額により変わります。

少額なので今年はいいかな…

来年は年末調整して取り戻そうと思います。

まとめ

まだ375万円分(130株)しか購入していませんので今回の配当は13,000円だけでしたが、仮に1,500万円全てVOOを購入していれば配当金は52,000円です。

今回の権利落ち日9月26日の数日前から配当金のために追加投資のタイミングを計っていましたが、ズルズルと下がり続ける流れでしたので買えませんでした。その後も下がり続けたので、買わなくて良かったですが。

配当は大きな魅力ですが、1回の配当もしくは年間の配当2%なんて1日で動いてしまうこともあります。

今後も配当金に惑わされず、S&P500を信じて着実にVOOを買い増していこうと思います。

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雇用統計とは|就業者数・失業率・平均時給

昨日、雇用統計が発表されました。 今までは「悪化した」とか「思ったより良かった」など何となく確認する程度でしたが、本格的に米国株に参入するにあたり整理してみました。 目次 雇用統計とは非農業部門就業者 …

NISA枠で適当に購入した高配当米国株が下落中

NISAをざっくりと説明すると年間120万円、最大5年間、計600万円を非課税で運用できます。売買差益や配当金に対しての税金20.315%がかかりません。 NISAについては何となく把握していましたが …

投資の軍資金を稼ぐための節約|出張編

最近、投資の軍資金を増やすためにいろいろと節約しています。 以前の記事「米国株(S&P500)の運用目標」でも紹介しましたが、複利が最強だと思っているので、できる限り早く多くの額を米国株に投資 …

対中追加関税第4弾が延期

昨日(2019年8月13日)の株式市場はアルゼンチン株の大暴落や香港のデモが継続していることもあり、下げたらS&P500を買い増そうと思っていました。 しかしアルゼンチンの株式市場が37%の下 …

ISM製造業景況感指数とは

株価は様々な指標に影響されます。今までは何となくのイメージだけで理解していましたが、改めて整理しようと思います。 指標発表のタイミングですが、自分で調べるには限界があるためFXをしていたころから見てい …