米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

米中古住宅販売件数が悪化|アメリカ経済の勢いが鈍化?

投稿日:

2019年9月の米中古住宅販売件数

昨日23時に2019年9月の米中古住宅販売件数が発表されました。

年率換算件数
前回:549万件
予測:545万件
結果:538万件

前月比
前回:1.3%
予測:-0.7%
結果:-2.2%

件数・前月比共に予測を下回りましたが、これはアメリカ経済の勢いが落ちていることを意味しているのでしょうか。

本日はこの米中古住宅販売件数を改めて確認したいと思います。

米中古住宅販売件数とは

全米不動産協会(NAR:The National Association of Realtors)が中古住宅の販売件数を月ごとに集計して公表しています。この件数にはマンションなどの集合住宅も含まれます。

対象月の翌月25日前後の日本時間午後11時(夏時間)または0時(冬時間)に発表されます。
※夏時間(サマータイム):3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで
 冬時間:上記以外

関連する指標に「新築住宅販売件数」があります。両方とも重要な指標ですが、アメリカでは中古住宅が全体の8割を占めますのでより重要です。ちなみに日本の中古住宅件数は全体の30%台くらいです。

日本と比べてアメリカで中古住宅が多い理由は、そもそも新築住宅の供給が少ないからです。州などの厳しい審査がありますので、日本のように簡単には住宅を建てられません。

また結婚・育児・仕事などライフワークの変化に合わせて5~7年で家を買い替える人が多いです。

日本で住宅を売却するときは購入時より安くなるケースがほとんどだと思いますが、アメリカでは不動産価格が上昇し続けています。売るときに高くなっているなんて羨ましいですね。

適正値は

今回は538万件との結果になりましたが、500万件から600万件は適正な値だと思われます。

サブプライムローン前の住宅バブルの時は725万件に達しました。当然ですよね。本来であれば住宅ローンを組めない人達までもが住宅を購入したのですから。

バブル崩壊後、400万件を割り込むこともありましたが、現在は500万件台中盤を推移しています。

今回は前月比▲12万件、予測より▲7万件減少しましが、金利が下降中ということも影響していると思います。

FOMCが2回連続利下げを実施、また年内残り2回のFOMC(10月30・31日、12月10・11日)で更なる利下げの可能性もあります。

住宅ローンの金利が下がりそうと見て、買い控えをする方もいると思います。

逆に上昇局面では早めに買おうということで販売数が伸びます。

住宅購入後、家具・家電・リフォームなど関連するものも多く、この指標は景気の先行指数として注目されます。

「中古住宅販売指数件数」は所有権が移転したときにカウントされますが、「新築住宅販売件数」は契約したときにカウントされるため、先行性の面では「新築住宅販売件数」の方が優れています。

ちなみに中古住宅販売件数は英語で”Existing Home Sales”です。

なるほど、中古をExist(存在する)で表すようです。最近サボり気味の英語学習を再開しないと…

2019年10月22日(火)引け後の投資状況報告

S&P500 130株 $35,702
現金残高 11,300,000円

合計 15,173,667円(+173,667円)

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

消費者物価指数とは

今月はISM製造業景況感指数など指標は悪い結果ばかりです。失業率は良かったですが。 これだけ悪い結果が続くと追加投資が怖い… 最近、指標について改めて調べていますが、今回のテーマは「消費者物価指数」で …

NISA枠で適当に購入した高配当米国株が下落中

NISAをざっくりと説明すると年間120万円、最大5年間、計600万円を非課税で運用できます。売買差益や配当金に対しての税金20.315%がかかりません。 NISAについては何となく把握していましたが …

また米中関係の雲行きが怪しくなってきました。さらにイランも!?

目次 米中貿易戦争が再燃!?イラン問題2019年9月20日(金)引け後の投資状況報告 米中貿易戦争が再燃!? ここ最近は米中共に僅かですが、歩み寄りの姿勢が見られ株式市場も好調でした。 中国は報復関税 …

本日11月14日(木)にドイツGDP発表|2期連続マイナスでリセッション入りはあるのか

目次 ドイツのリセッション入りドイツ製造業PMI米国株への影響2019年11月13日(水)引け後の投資状況報告 ドイツのリセッション入り 11月14(木)16時にドイツの7~9月のGDPが発表されます …

【東京モーターショー2019】つまらなかった

目次 東京モーターショー2019東京モーターショー 来場者数世界の自動車市場まとめ番外編2019年10月25日(金)引け後の投資状況報告 東京モーターショー2019 昨日10月25日にモーターショーに …