米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

大統領選挙まで米国株が上げ続けると信じて

投稿日:

2020年11月のアメリカ大統領選挙

今週は11月4日にVOO(S&P500のETF)220万円分を追加購入しました。

直後はさすがに高値で掴みすぎたなと思いましたが、その後米中貿易協定の部分合意のニュースなどがあり上がり続けています。

その後、トランプ大統領は一部報道を否定しました。

トランプ大統領としては来年11月の大統領選挙までは株高を維持したいでしょうが、さすがのアメリカ経済でも今のペースを1年続けるのは容易ではありません。

ですのでトランプ大統領が米中貿易戦争のネタで株価を調整しているとしか思えない…

てことは、あと少なくとも1年は米国株は買いなのか…

逆イールド

7月に逆イールド(長期金利と短期金利が逆転する現象)が発生しました。

今まで逆イールドが発生してからリセッションまでは1~2年くらいで、その期間は株が上がり続けます。

う~ん、どう考えても買いだな。

金曜日の夜にさらに追加購入するか迷いましたが、結局ビビってしまいました…

さすがにここまでくると来週くらいにはちょっとした調整があるかなと淡い期待を抱いてますw

ちなみに躊躇した理由にひとつに為替があります。

ドル円為替レート

VOO 2019年7月~
©TradingView

7月15日にアメリカ株デビューを果たし、今までに104.85円~109.46円までドル円が変動しています。

現在は米国株を始めてから一番の円安ドル高のため躊躇してしまいました。

以前の記事「S&P500やアメリカ株を買い始めて、為替の重要性を改めて認識」でも書きましたが、米国株って為替があるから難しい…

まあ私の場合、長期保有なので為替を気にしないという考えもありかと思います。そのうち今のレートに戻ってくるでしょうから。

2019年11月8日(金)引け後の投資状況報告

S&P500 205株 $58,179 6,356,230円
ビットコイン 0.1枚 96,600円
現金残高 8,914,000円
(ドル購入平均レート:107.5円)

合計 15,366,830円(+366,830円)

いや~、含み益がどんどん増えていきますw

※投資は自己責任でお願い致します。

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リセッション(景気後退)はいつ来るのか?

23日金曜日の米中貿易戦争の影響もあり、今日からの米国市場も荒れるのでしょう。 アメリカ表明した内容 第4弾の3,000億ドルの関税を10%から15%に変更第1~3弾の2,500億ドルの関税を25%か …

いつまで米中貿易戦争は続くのか?

目次 第4弾の追加関税第1~3弾の関税レアアース米国債まとめ 第4弾の追加関税 9月1日、アメリカは予定通り第4弾の追加関税が発動しました。約1100億ドル(約11兆6000億円)相当のアパレルや家電 …

米中貿易戦争が部分的な合意!?

目次 米中貿易交渉が部分的な合意株価は上昇2019年10月11日(金)引け後の投資状況報告 米中貿易交渉が部分的な合意 トランプ大統領と中国の劉鶴副首相の会談後、第一段階の合意に達したと発表しました。 …

雇用統計とは|就業者数・失業率・平均時給

昨日、雇用統計が発表されました。 今までは「悪化した」とか「思ったより良かった」など何となく確認する程度でしたが、本格的に米国株に参入するにあたり整理してみました。 目次 雇用統計とは非農業部門就業者 …

次回12月のFOMC前にトランプ大統領に暴れてほしい

目次 2019年10月のFOMC為替2019年12月のFOMC2019年10月30日(水)引け後の投資状況報告 2019年10月のFOMC 今回のFOMCは市場の予想通り0.25%の利下げで、政策金利 …