英語

英文メールは時間がかかる

投稿日:2019年4月26日 更新日:

宛名

海外部門に異動になり初めて英文メールを書いたとき、とても時間がかかったのを今でも覚えています。英語の勉強はしていましたが、英語でメールを書いた経験がなかったので「Mrの後はカンマ?ピリオド?」「苗字?名前?」など全く分かりませんでした。

因みに正解は「Mr. Yamada,」です。Mr (Ms)のすぐ後にピリオド、半角スペースを挟んで苗字、最後にカンマです。親しい仲やアメリカ・イギリス式などいろいろありますが、最初はこれだけ覚えていれば大丈夫です。慣れてきたら徐々にバリエーションを増やしていきましょう。

書き出し

何度かやり取りしている相手でしたら、本文に入る前に一言入れています。「I hope you are doing well.」や休暇で旅行に行ったなど前もって知っていれば「How was your holiday?」などです。

結語

日本でのメールは最後に結語は使いませんが、英文メールの場合は必要です。これは特に難しく考えず「Sincerely yours,」か「Best regards,」を使いましょう。どちらでも構いませんが「Sincerely yours,」の方がよりフォーマルな印象です。

署名

英語でメールを作成する機会が多い方は英語の署名を用意しておくと便利です。
住所は日本語と違い、順番が逆になります。
例、1-2-3 〇〇machi Minato-ku Tokyo 123-4567(郵便番号) Japan
電話番号は日本の国番号+81と最初の0を省いた表記になります。
例、+81-3-1234-5678(電話番号が03-1234-5678の場合)

本文

上記4点はすぐに慣れますが、本文は今でも時間がかかります。こればかりは各々の状況により変わります。例えば「注文書をファイル添付します」はよく使い表現も多くありますが、「I will attach the PO in this email, please confirm it.」など決めてしまっています。こういった表現の蓄積によりスピードも上がっていくと思います。

余談ですが日本語の「メールする」をそのまま「mail」とすると、「郵送する」という意味になってしまいますので気を付けましょう。正しくは「email」です。
同様にカタカナ英語と混同しやすいのが「copyとphotocopy」ですが、シチュエーションにより大概理解してもらえます。「Could you make a copy?」と言っても、「手書きで写す」ではなく「コピー機でコピー」をしてくれると思います。

-英語
-,

執筆者:


  1. […] 昨日の「英文メールは時間がかかる」にて英文メールを書く方法をご紹介しましたが、 このGingerを使うようになってから早く書けるようになりました。以前は気になる文法やスペルがあると都度確認していました。今は取りあえず最後まで書き上げてから、Gingerでチェックしています。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「思う」に関する英語表現は、この4つを使いましょう

日本語で「思う・思います」という言葉を多く使ってしまうクセがあります。 大人になってから英語を習得したので、英語を考えるときに日本語がベースになっており、当然英語でも”I think”を多用しています …

英語のニュース

英語学習は英単語の暗記が重要とお伝えしましたが、飽きてしまうこともあると思います。そんな時は「英語ニュース」をおすすめします。 「英語のニュース」なんとなくかっこいいですよね。昔は海外のニュースを見る …

3人称単数現在形

私は中学英語で挫折しました。当時の英語の先生が嫌いだったということも大きいですが、英語の文法が嫌いでした。というか当時の私の頭では処理できなかったのかもしれません。特に今でも覚えているのが「3人称単数 …

ゴルフの英語

今年のゴールデンウィークは10連休。英語の勉強に多くの時間を割けるのはうれしいですが、モチベーションを維持するのが大変ですね。そんなわけで昨日は気分転換にゴルフに行ってきました。 商社に勤めているとゴ …

ポケトークは英会話習得を目指している私の脅威になるのか?

ポケトーク 同僚がポケトークを買いました。私も使ってみましたが、技術の進歩を感じました。日本語を話すだけで、英語はもちろん74言語に翻訳してくれます。しかもそれはグローバルSIMモデルなので、Wi-F …

プロフィール

プロフィール

運営者:toeicblog(トーイックブログ)

年齢:40歳間近

住まい:東京在住

職業:商社マン

皆様のお役に立てるTOEICやオンライン英会話などの英語学習情報を発信していきます。