米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

米国株の手数料について考えてみた

投稿日:

主要3社の手数料

アメリカ株を購入する場合の証券会社は、現在私も使っているSBI証券や楽天証券、マネックス証券が有名です。

2019年8月現在、3社の米国株手数料は同じです。

手数料:0.45%
上限:20ドル

SBI証券では2019年7月より「米国株式最低手数料を0ドルに引き下げ」と言ってますが、以前の最低手数料5ドルがなくなったというだけです。

この広告分かりづらいですよね。知らない人は「0ドル」というところに目がいってしまうと思います。

手数料0.45%

約定代金の0.45%が手数料ですが、これが結構大きいです。
以下、約定金額別の手数料の例です。

  • $100(10,600円):$0.45(48円)
  • $500(53,000円):$2.25(238.5円)
  • $1,000(106,000円):$4.5(477円)
  • $2,000(212,000円):$9(954円)
  • $3,000(318,000円):$13.5(1,431円)
  • $4,000(424,000円):$18(1,908円)
  • $4,445(471,170円):$20(2,120円)

※$4,445以上からは上限金額がありますので一律$20

結構高いと思いませんか?

しかもこれが売却するときにもかかります。購入すればいつかは売却するわけですので、0.9%の手数料を取られます。

消費税

初めて購入したときに明細に課税と書いてありなんだろうな思ってましたが、計算してみると消費税だと分かりました。

え、さらに消費税まで取るの!?

再来月の2019年10月から消費税は10%になりますので、手数料往復で0.9%+消費税10%の0.09%、合計0.99%

ほぼ1%が手数料として消えていきます。

全資金の1,500万円を47万円以下の少額での購入で、全て注ぎ込んだ場合の手数料は148,500円です。

私の投資スタイルは頻繁に売買するわけではありませんが、それでも高い…

手数料を抑えるために

最近はS&P500を購入するときに、30株(85万円)や40株(110万円)というふうに1回の発注量を増やして手数料を抑えています。

40株(110万円)で購入すれば手数料は上限の$20ですので、手数料は0.19%になります。

一度の購入数量を増やせば増やすほど手数料の割合は下がりますが、その後株価が下がった場合は当然後悔します…

まとめ

ここまで手数料についてお話させていただきましたが、頭に入れておく程度で大丈夫です。仮に手数料を0.2%低くできたところで、株で0.2%なんて1日、いや1時間で動いてしまう幅です。

今後、SBI証券、楽天証券、マネックス証券が手数料の値下げ競争をしてくれることを願います。

※投資は自己責任でお願い致します。

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米中貿易戦争が部分的な合意!?

目次 米中貿易交渉が部分的な合意株価は上昇2019年10月11日(金)引け後の投資状況報告 米中貿易交渉が部分的な合意 トランプ大統領と中国の劉鶴副首相の会談後、第一段階の合意に達したと発表しました。 …

中国の報復関税とFRBパウエル議長の発言とトランプ大統領のさらなる報復

目次 中国の報復関税FRBパウエル議長の発言トランプ大統領のさらなる報復2019年8月23日引け後の投資状況報告 中国の報復関税 昨日8月23日は金曜日ということもあり朝4時まで米国株の動向を見守って …

妻に株式投資を勧めましたが諦めました|投資に向かない性格

目次 株に興味がない妻株に興味がない人達2019年10月21日(月)引け後の投資状況報告 株に興味がない妻 以前の記事「投資を人に勧めますか?」では投資を人に勧めない方が良いと書きました。 損をしても …

雇用統計とは|就業者数・失業率・平均時給

昨日、雇用統計が発表されました。 今までは「悪化した」とか「思ったより良かった」など何となく確認する程度でしたが、本格的に米国株に参入するにあたり整理してみました。 目次 雇用統計とは非農業部門就業者 …

今月のFOMCでトランプ砲が飛んできそうな気がします

9月6日、FRBのパウエル議長が「適切に行動する」と発言しました。 雇用統計も13万と予想の15.8万人を下回ったこともあり、9月17・18日のFOMCにて0.25%の利下げを行うのでしょう。 米国株 …