米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

英語

ゴルフに関する英語表現|間違ったカタカナ英語

投稿日:2019年5月3日 更新日:

今年2019年のゴールデンウィークは10連休。英語の勉強に多くの時間を割けるのはうれしいですが、モチベーションを維持するのが大変ですね。そんなわけで昨日は気分転換にゴルフに行ってきました。

商社に勤めているとゴルフはできた方が良いと思います。というか私が入社したときは選択肢がなく、上司に強制的にやらされましたが、今となってはこんなに面白いスポーツはないと思っています(笑)

仕入先や顧客との関係作りには最適なツールです。今日はゴルフに関する英語をご紹介します。

ゴルフで使われる間違ったカタカナ英語

Honor

ゴルフでは各18ホールで最初に打つ人を”Honor”(名誉)と言います。日本でゴルフをしたことがある方ならわかると思いますが、「オーナー」というおじさんが多いですよね?

私も最初は「オーナー」と言ってましたが、「所有者?」と思い調べて間違いに気付きました。

Play first

同様にゴルフ場でよく耳にする「プレイファースト」は、”Play fast”が”Play first”のような発音で広まってしまったゴルフ用語です。”Play first”なゴルファーとは一緒にプレイしたくないですね(笑)

これはマクドナルドなどの”Fast food”を「ファーストフード」を言う方が多いのと関係がありそうですね。

“Play first”は白洲次郎氏が考えた言葉のようです。

Good shot

日本でよく使われる”Nice shot”よりも一般的に使われます。

Fore

ゴルフでは隣のホールにボールが飛んでいってしまった時などに「ファー」と叫んで知らせます。これも最初は”Far”「遠くに?」と思いましたが、”Fore”「前方に」です。

Headwind, Tailwind

ゴルフボールは風を影響を受けやすいので、向かい風の「アゲインスト」や追い風の「フォロー」という言葉をよく使います。 「アゲインスト」は”Headwind、「フォロー」は”Tailwind”です。

ショートホール、ミドルホール、ロングホール

それぞれPar 3, Par 4, Par 5です。

最後に

今回は日本のゴルフ英語をご紹介しましたが、日本で使うには全く問題はありません。特に接待では社長が「オーナー」と言ったら、こちらも「オーナー」と合わせましょう(笑)

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-英語
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語で質問してくれるおすすめサイト

昨日は「DMM英会話の講師選びは初心者ほど慎重に」にて質問が多くなると講師が話す時間が多くなりスピーキング力の向上には効率が良くないのではとお伝えしました。 逆に講師から質問してもらえば、こちらが話す …

DMM英会話で良い講師のレッスンを予約するには

本日はDMM英会話のスタンダードプラン・毎日1レッスン25分間を2年以上続けている筆者が、DMM英会話の予約システムについてご紹介します。 目次 毎日1レッスンの予約翌日に予定がありレッスンを受けられ …

海外のステーキレストランにて英語で注文

前回の記事で目玉焼きの種類についてお話ししましたが、焼き加減と言えばお肉ということで「ステーキ」についての英語をご紹介したいと思います。 目次 入店注文まとめ 入店 まずお店に入ると「How many …

自分の星座を英語で言えますか?

今日もオンライン英会話の先生と雑談していると、星占いの話になりました。私自身そんなには占いに興味がないので、自分の星座くらいしか答えられませんでした。 そこで星座・占いについて整理しましたので、シェア …

同じ発音に聞こえる英単語「ロー」「グローブ」「トラック」

スペルが似ていたり、発音が似ている単語は覚えづらいですよね。それぞれで覚えると混乱しやすいので、まとめてみました。 目次 「ロー」の英単語lowlawrowraw「グローブ」の英単語globegrov …