米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

ビットコインを購入した理由|半減期とは

投稿日:2019年10月29日 更新日:

ビットコイン

マイニングとは

ビットコインはマイニングにより新規通貨が発行されます。

マイニングとはmineの進行形で、中学生の時に覚えた「 I my me “mine”」の意味以外に「鉱山、採掘する」という意味もあります。

ビットコインを掘り起こすというイメージですが、実際にはビットコインの取引記録を一番最初にブロックに格納した人がもらえます。

このブロックはチェーンのように何個も繋がります。これがブロックチェーンと言われる技術です。

このマイニング報酬は約10分おきに放出されます。現在(2019年10月)は12.5BTCもらえます。1BTC=100万円とすると1,250万円です。

結構な金額ですよね。ただマイニングするには高性能なPCとそれを冷やす冷却施設が必要です。冷凍倉庫に多くのPCを詰め込むイメージです。

日本でマイニングに参入するのは、電気代が高いので採算が合わないと思います。またビットコインは価格変動が大きいのでかなりのリスクを伴います。

半減期とは

半減期とは21万ブロックごとにマイニング報酬が半分になることです。

1ブロックは約10分ですので、
210,000×10÷60(分)÷24(時間)÷365(日)≒4年
つまり約4年ごとにマイニング報酬が半分になります。

半減期のスケジュール

2009年:50BTC
2012年:25BTC
2016年:12.5BTC
2020年:6.25BTC
2024年:3.125BTC
2028年:1.5625BTC
2032年:0.78125BTC
2036年:0.390625BTC
2040年:0.1953125BTC
2044年:0.09765625BTC
2048年:0.04882812BTC
2052年:0.02441406BTC
2056年:0.01220703BTC
2060年:0.00610351BTC
2064年:0.00305175BTC
2068年:0.00152587BTC
2072年:0.00076293BTC
2076年:0.00038146BTC
2080年:0.00019073BTC
2084年:0.00009536BTC
2088年:0.00004768BTC
2092年:0.00002384BTC
2096年:0.00001192BTC
2100年:0.00000596BTC
2104年:0.00000298BTC
2108年:0.00000149BTC
2112年:0.00000074BTC
2116年:0.00000037BTC
2120年:0.00000018BTC
2124年:0.00000009BTC
2128年:0.00000004BTC
2132年:0.00000002BTC
2136年:0.00000001BTC
2140年:0.00000000BTC
※ビットコインは小数第八位まで

マイニング報酬

ビットコインの発行枚数は2100万枚と決められています。

グラフで見るとわかると思いますが、既にそのうちの多くが発行済みです。

13年後の2032年にはマイニング報酬が1BTC以下になり、以降約100年はわずかなビットコインしかもらえません。

過去2回の半減期

©Tradingview

上記チャートの通り、過去2回の半減期は相場に影響を与えなかったようです。

ただビットコインが注目された2017年以前のことなので、2020年の半減期の参考にはならないと思います。

個人的には次回の半減期以降は徐々に上がっていくと思っています。

まとめ

今回ビットコインを買った理由のひとつがこの半減期です。

現在は10分ごとに12.5枚のビットコインが発行されていますので、1日に1,800枚にもなります。

1BTC=100万円として18億円です。

これだけ多くのビットコインが毎日発行されても相場は100万円前後を推移しています。

今後4年ごとに半減期を迎えれば、価格はどんどん上がっていくと思っています。

次回の半減期は来年2020年の5月頃になりそうなので、今から少しずつ仕込んでいって取り敢えず1BTCを長期保有する予定です。

投資は自己責任でお願い致します。
特に仮想通貨はお気を付けください。

2019年10月28日(月)の投資状況報告

S&P500 130株 $36,015 3,914,831円
ビットコイン 0.1枚 102,000円
現金残高 11,214,000円

合計 15,230,831円(+230,831円)

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米中貿易戦争が部分的な合意!?

目次 米中貿易交渉が部分的な合意株価は上昇2019年10月11日(金)引け後の投資状況報告 米中貿易交渉が部分的な合意 トランプ大統領と中国の劉鶴副首相の会談後、第一段階の合意に達したと発表しました。 …

いつまで米中貿易戦争は続くのか?

目次 第4弾の追加関税第1~3弾の関税レアアース米国債まとめ 第4弾の追加関税 9月1日、アメリカは予定通り第4弾の追加関税が発動しました。約1100億ドル(約11兆6000億円)相当のアパレルや家電 …

米国株の貸株サービスは利用すべきか

先日、SBI証券からよくわからない入金がありました。 貸株金利?4セント?あれ?あ、そういえば以前貸株サービスを申し込んだような記憶が… 確認してみると、申し込み後は自動で貸株サービスを利用することに …

投資の軍資金を稼ぐための節約|出張編

最近、投資の軍資金を増やすためにいろいろと節約しています。 以前の記事「米国株(S&P500)の運用目標」でも紹介しましたが、複利が最強だと思っているので、できる限り早く多くの額を米国株に投資 …

VIX指数(恐怖指数)ってなに?今後注意が必要です

お昼休みや出先で世界の株価や為替が気になったときは、「世界の株価」というサイトを使っています。多くの指標を一度に見ることができるので便利ですが、そこにVIX指数というものがあります。 VIX指数とはv …