米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

ISM製造業景況感指数とは

投稿日:2019年9月15日 更新日:

株価は様々な指標に影響されます。今までは何となくのイメージだけで理解していましたが、改めて整理しようと思います。

指標発表のタイミングですが、自分で調べるには限界があるためFXをしていたころから見ている「DMMの経済指標カレンダー」がおすすめです。

このページを見ると世界中の指標を網羅しているためかなりの量ですが、最初はアメリカの指標の重要度の高い★をチェックしてみてください。

本日ご紹介する指標は「ISM製造業景況感指数」です。

ISM製造業景況感指数

英語では”Manufacturing ISM Report On Business”です。
(最近、英語ネタを全然書いてない…)

ISM(Institute for Supply Management)という全米供給管理協会が公表している景況感指数です。

製造業300人以上の購買等責任者に、受注残、生産状況、在庫状況、価格等についてアンケートを実施。

前月に比べて、良い(Better)、同じ(Same)、悪い(Worse)にて回答。これらを基に算出したのが “ISM製造業景況感指数” です。

0~100の%で表され、50%を上回ると景気拡大、50%を下回ると景気後退と判断されます。

毎月第1営業日に発表されます。

ISM非製造業景況感指数

英語では”Non-Manufacturing ISM Report On Business”です。

こちらは非製造業が対象で、350人以上の購買等の責任者にアンケートを実施します。

毎月第3営業日に発表されます。

両指数とも下記のように発表されます。

ISM製造業景況感指数
2019年8月 
前回:51.2
予測:51.1
結果:49.1

2015年1月~2019年8月

ここ最近は両指数とも50%を上回ってきましたが、8月は50%割りました。8月は米中貿易戦争などありましたので、一時的だといいのですが。

これらの指数は正確なデータに基づいたものではなく、”better, same, worse”といった各人の感覚に基づいています。

日本にいるとそういったことを感じるのが難しいので、非常に役に立つ指数です。

今後はより活用していこうと思います。

関連記事「雇用統計とは

2019年9月13日(金)引け後の投資状況報告

S&P500 130株 $35,955.4
その他米国株 $11,902.93
ドル残高 $213.92
現金残高 10,000,000円

合計 15,198,016円(+198,016)

S&P500 2019年9月13日(金)

S&P500が最高値を更新するかと思いましたが、ダメでしたね。

さて来週はFOMCです。暴れてください、トランプさん!!

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


  1. […] ※ISMについては、以前の記事「ISM製造業景況感指数とは」をご覧ください。 […]

  2. […] 関連記事「ISM製造業景況感指数とは」 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500やアメリカ株を買い始めて、為替の重要性を改めて認識

7月15日から米国株を買い始め、追加関税のトランプ砲も食らいながら、めげずに買い進めています。 目次 S&P500の購入状況為替取引(ドル購入)履歴8月16日(金) 投資状況報告 S& …

今後の投資方針を考えてみた

いろいろと考えましたが、やっぱりS&P500 現在S&P500をメインに投資しています。残りの投資資金1,000万円をどうするかこの数日悩んでいました。 伸びる個別銘柄を見つけられれば …

米国株の貸株サービスは利用すべきか

先日、SBI証券からよくわからない入金がありました。 貸株金利?4セント?あれ?あ、そういえば以前貸株サービスを申し込んだような記憶が… 確認してみると、申し込み後は自動で貸株サービスを利用することに …

S&P500を購入したら、トランプ砲が飛んできた!?

2019年7月にアメリカ株に投資しようと決意して、SBI証券の口座を開設しました。 今思うと参入するタイミングが最悪でした。アメリカ市場が最高値を更新する中で購入し、その後FRBの利下げとトランプ大統 …

米中貿易戦争とG7

目次 米中貿易戦争G72019年8月26日(月)引け後の投資状況報告 米中貿易戦争 昨日はトランプ大統領の「中国側が貿易交渉の再開を求めてきた」との情報で株価が戻りました。 しかしその後、中国はこの情 …