米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

米ISM製造業景況指数が低下|追加投資は控えた方がいいのか

投稿日:2019年10月2日 更新日:

ISM製造業景況指数

昨日、米ISM製造業景況指数が公表されましたが、10年ぶりの悪い結果となりました。

※ISMについては、以前の記事「ISM製造業景況感指数とは」をご覧ください。

2019年9月
前回:49.1
予測:50.1
結果:47.8

景気後退と判断される50を2か月連続で下回りました。しかも47.8は10年ぶりの悪い結果です。

2018年8月の61.3から右肩下がりを続けています。

う~ん、どこまで下がるのでしょうか。ISMがここまで下がると追加投資を躊躇してしまいますね…

取り敢えず明日のISM非製造業景況指数の発表を待つことにします。これで非製造業も大幅に悪化すれば、本格的なリセッションも近いのでしょうか。

トランプ大統領としては、引き続きFRBのパウエル議長に圧力をかけて利下げが続くと思いますが、それで回復しなかったときが怖い…

中国

アメリカでも米中貿易戦争の影響がここまで出てきているので、中国の実態はもっと悪いのかもしれません。

今は建国70年目の国慶節でお祝いムードですが、習近平さんの課題は山積みですね。

ドイツ

リセッション入りが心配されるドイツの製造業購買担当者景気指数は以下の通りです。

前回:41.4
予測:41.4
結果:41.7

予測を僅かに上回りましたが、以前低水準を推移しています。

香港デモ

ついに警官がデモ隊に向けて発砲しました。皆様も映像を見ましたでしょうか?

目の前で仲間の警官が囲まれたり、本人も鉄パイプで襲われていたのはわかりますが、至近距離で胸に撃つことはないでしょう!?しかも左胸に!?心臓まで3センチだったそうです。

幸いに撃たれた18歳の高校生は、命に別状はないとのことです。

まさか習近平さんもお祝いムードのときに、このニュースは驚いたと思います。

今までは建国70年を控え、事を荒立てないようにしていたと思いますが、これからどんな手を打ってくるか不安です…

終わりに

アメリカの製造業景況感指数の悪化、中国経済の実態、香港デモ、ドイツの景気悪化、ブレグジット、中東問題などあり、考えれば考えるほど追加投資できません!?

ブログのサブタイトルで全力投資と言っておきながら申し訳ありませんが、しばらくは様子を見ようかと思います…

2019年10月1日(火)引け後の投資状況報告

S&P500 130株 $35,011.6
ドル残高 $12,035.86
現金残高 10,000,000円

合計 15,067,011円(+67,011円)

VOO 10月1日
(チャート提供:TradingView)

ISMの発表後、株価が大幅に下落、円高が進みました。

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


  1. […] 先日の記事「米ISM製造業景況指数が低下」にてお伝えしましたが、ISM製造業景況指数はかなりの悪化でした。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国株(S&P500)の運用目標

目次 過去のS&P500のパフォーマンス運用目標複利が最強と言っても投資するタイミングが重要 過去のS&P500のパフォーマンス 1970年から2018年(49年間)のS&P5 …

消費者物価指数とは

今月はISM製造業景況感指数など指標は悪い結果ばかりです。失業率は良かったですが。 これだけ悪い結果が続くと追加投資が怖い… 最近、指標について改めて調べていますが、今回のテーマは「消費者物価指数」で …

S&P500が続伸!!米中が歩み寄ると思わせて!?

目次 S&P500米中貿易戦争2019年9月12日(木)引け後の投資状況報告 S&P500 S&P500が3000を突破してさらに続伸しています。7月26日の最高値3027.9 …

円安が進んだのでドルを円に戻しました|為替手数料を抑えるには

目次 円安ドル高外国株を売却後、ドルを日本円に戻すには(SBI証券の場合)注意点まとめ 円安ドル高 今週は米中貿易交渉の進展期待もあり円安ドル高が進みました。 USD/JPY 10/7(月)~10/1 …

ISM非製造業景況指数も悪化|追加投資のタイミングがわからない

先日の記事「米ISM製造業景況指数が低下」にてお伝えしましたが、ISM製造業景況指数はかなりの悪化でした。 ※ISMについては、以前の記事「ISM製造業景況感指数とは」をご覧ください。 目次 ISM非 …