米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

仕事嫌い商社マンがVOO(S&P500のETF)に投資してアーリーリタイアを目指す!?

米国株・投資

雇用統計とは|就業者数・失業率・平均時給

投稿日:2019年10月6日 更新日:

昨日、雇用統計が発表されました。

今までは「悪化した」とか「思ったより良かった」など何となく確認する程度でしたが、本格的に米国株に参入するにあたり整理してみました。

雇用統計とは

雇用統計(Current Employment Statistics)とは、アメリカの雇用情勢を表す指標で、株価や為替に大きな影響を与えます。

米労働省労働統計局より毎月第1金曜日に発表されます。夏時間(サマータイム、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで)は21時半、は冬時間22時半に発表されます。

企業や政府機関に対して調査を行い、非農業部門就業者数、失業率、建設業就業者数、製造業就業者数、小売業就業者数、金融機関就業者数、週労働時間、平均時給など十数項目が公表されます。

中でも「非農業部門就業者数」「失業率」「平均時給」が重要な指標です。

非農業部門就業者数

非農業部門就業者数(Nonfarm payroll employment)とは、農業以外の事業者の給与支払い帳簿に記載されている人数のことで、これにより就業者の増減を把握できます。(経営者は含みません)

個人的には最も注目している指標です。ですが予測と乖離することが度々あり、株価や為替を混乱させます。

日本とは違いアメリカでは従業員の解雇が容易なので、景気が良くなれば雇用を増やし、景気が悪くなれば解雇しますので、この指標は景気を判断する良い材料になります。

2019年9月(10月4日発表)
前回:13.0万人
予測:14.5万人
結果:13.6万人

失業率

これは特に説明は必要ないと思いますが、16歳以上の働く意思を持った人が対象です。

2019年9月(10月4日発表)
前回:3.7%
予測:3.7%
結果:3.5%

平均時給

1時間当たりの平均賃金の増減を表します。賃金が増えれば、アメリカ経済にとって重要な個人消費が伸びるため、こちらも重要な指標になります。

2019年9月(前年同月比)
前回:3.2%
予測:3.2%
結果:2.9%

2019年9月(前月比)
前回:0.4%
予測:0.3%
結果:0.0%

ADP雇用統計

雇用統計の先行指標となる「ADP雇用統計」があります。雇用統計の2営業日前に発表されます。

給与計算のアウトソーシング会社のAutomatic Data Processingが、約50万社のデータをもとに就業者の増減を表します。

ただADP雇用統計と労働省の雇用統計は同じような結果が出るとは限りませんので注意が必要です。

まとめ

結果が予測を上回れば株が買われ円安ドル高、予測を下回れば株が売られ円高ドル安になります。

また雇用統計はFOMCに大きな影響を与えます。結果が悪く株価が下げてもFOMCの利下げ予測が高まり株価が反発することもあります。

アメリカ経済の70%を個人消費が占めていますので、雇用統計は非常に重要な指標です。

関連記事「ISM製造業景況感指数とは

2019年10月4日(金)引け後の投資状況報告

S&P500 130株 $35,148.10
ドル残高 $12,036.1
現金残高 10,000,000円

合計 15,044,877円(+44,877円)

非農業部門就業者数と平均時給の結果は悪かったですが、失業率が50年ぶりの低水準とFOMCの利下げ期待もあり反発しました。

追加投資は引き続き様子見で…

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


  1. […] 関連記事「雇用統計とは」 […]

  2. […] 最近「ISM製造業景況感指数とは」や「雇用統計とは」の指標についての記事を書きましたが、本日は改めて「小売売上高」について調べてみました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1,000万円分のVOOの配当金

S&P500のETF、VOOの配当金(分配金)が確定しました。 前回9月は375万円分しか持っていませんでしたので$125ほどでしたが、今回は1,000万円分を保有しているので、いくらになるか …

S&P500やアメリカ株を買い始めて、為替の重要性を改めて認識

7月15日から米国株を買い始め、追加関税のトランプ砲も食らいながら、めげずに買い進めています。 目次 S&P500の購入状況為替取引(ドル購入)履歴8月16日(金) 投資状況報告 S& …

米中古住宅販売件数が悪化|アメリカ経済の勢いが鈍化?

目次 2019年9月の米中古住宅販売件数米中古住宅販売件数とは適正値は2019年10月22日(火)引け後の投資状況報告 2019年9月の米中古住宅販売件数 昨日23時に2019年9月の米中古住宅販売件 …

【新型コロナウイルス】株式市場への影響、SARSと比較

一時は大したことはないのかな思った中国のコロナウイルスですが、想像よりも深刻な状況のようです。 1月24日(金)の米国市場は前日終値を超えて始まったので安心して眠りにつきましたが、土曜日の朝に確認する …

米国株が初めてプラスになりました

今週は良いニュースが多かったですね。 目次 香港「逃亡犯条例改正案」を撤回日米貿易交渉の再開2019年9月5日(木)引け後の投資状況報告 香港「逃亡犯条例改正案」を撤回 9月4日、香港の林鄭長官は「逃 …