米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

大阪出張で26,300円の節約

投稿日:2019年10月31日 更新日:

投資のための節約

先日東京から大阪まで1泊の出張に行ってきました。

会社により経費の精算方法が違うとは思いますが、私の節約方法をご紹介します。

今勤めている会社は出張精算の時に領収書が必要ではないので、いろいろと節約できます。

東京→大阪

海外出張などで飛行機に乗る場合は、なるべく全日空(ANA)やスターアライアンスを利用して、普段からANAマイルを貯めています。

※スターアライアンス
ANA、ユナイテッド航空、タイ国際航空、シンガポール航空、アシアナ航空など28社が加盟する航空連合で、相互のマイルを貯めることが可能です。
他には19社が加盟する「スカイチーム」、JALなど14社が加盟する「ワンワールド」があります。

マイルが貯まっていたので、行きは飛行機にしました。

東京大阪間は6000マイル必要です。

年末年始の前後やGW前などはローシーズンとして5000マイルで行けます。逆にハイシーズンは7500マイル必要です。

東京大阪間の新幹線は通常期で14,720円です。空港までの電車賃など余計にかかった分を引くと約14,000円の節約です。

※マイルでの購入は出発前まで変更が可能なので、仕事で利用するのにおすすめです。

宿泊(ホテル関西)

宿泊手当は9,000円です。これも特に領収書の提出は必要なく、安い宿に泊まれば差額分が手に入ります。

仕事で行っているので、さすがにマンガ喫茶やビデオボックスでは疲れが取れません。

そこで大阪で泊まる時のおすすめは「ホテル関西」です。

料金

時期にもよりますが、朝食込みで1泊5,000円くらいです。稀に4,000円以下で泊まれることもあります。

今回は運よく2,700円でした。ただ冷蔵庫はなく、朝食もありません。

部屋はこんな感じです。

もちろん部屋は狭いですw

でもカプセルホテルなんかよりは良いですよ。

高いホテルに泊まっても、夜遅くまでお客さんと飲んで寝るだけなのでもったいないです。

注、海外ではホテルのグレードとセキュリティが比例しますので、高めのホテルをおすすめします。

特に仕入れ先のメーカー視察後にホテルに送ってもらう時などは、もし安いホテルに泊まっていたら「この会社に売っても大丈夫かな」と心配されてしまいますw

朝食

朝食は費用を考えればまあまあです。

ただこのホテルは中国の団体が多く泊まっています。その団体と朝食でぶつかってしまった時は結構待ちます。

時間がなく諦めたときもありました。ですので最近は朝食を付けていません。

ホテルでは差額の6,300円の節約です。

大阪→東京

帰りは新幹線を利用しましたが、以前の記事「投資の軍資金を稼ぐための節約|出張編」で紹介しましたEX予約で、東京大阪間のぞみが13,620円でした。

約1,000円の節約です。

まとめ

東京→大阪:14,000円
ホテル:6,300円
大阪→東京:1,000円
出張手当:5,000円
合計:26,300円

今回の1泊出張で合計26,300円も節約できました。

もう少しでVOO(S&P500のETF)が1株買える金額です。

以前は目標がなく節約していたので「アラフォーにもなってこんな安い居酒屋で飲んでるおれって…」など思うときがありました。

ですが今は節約して米国株を購入しておけば、将来何倍にもなると信じてがんばっています。

2019年10月29日(火)引け後の投資状況報告

S&P500 130株 $36,201 3,942,289円
ビットコイン 0.1枚 98,000円
現金残高 11,214,000円

合計 15,254,289円(+254,289円)

ついに含み益が25万円を超えました!!

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランプ大統領が特に暴れずに米中貿易交渉の第1段階合意に署名

いや~、昨夜トランプ大統領が米中貿易交渉の第1段階合意に署名しました。 あのトランプさんのことなので、もしかして土壇場で「署名しません!!」ということもあるかもと思い追加投資に踏み切れませんでした。 …

NISA枠で適当に購入した高配当米国株が下落中

NISAをざっくりと説明すると年間120万円、最大5年間、計600万円を非課税で運用できます。売買差益や配当金に対しての税金20.315%がかかりません。 NISAについては何となく把握していましたが …

雇用統計とは|就業者数・失業率・平均時給

昨日、雇用統計が発表されました。 今までは「悪化した」とか「思ったより良かった」など何となく確認する程度でしたが、本格的に米国株に参入するにあたり整理してみました。 目次 雇用統計とは非農業部門就業者 …

米国株が初めてプラスになりました

今週は良いニュースが多かったですね。 目次 香港「逃亡犯条例改正案」を撤回日米貿易交渉の再開2019年9月5日(木)引け後の投資状況報告 香港「逃亡犯条例改正案」を撤回 9月4日、香港の林鄭長官は「逃 …

円安時にS&P500を購入した場合のパフォーマンス

今年2019年の7月15日よりS&P500のインデックス投資(VOO)をメインに米国株を始めましたが、チャートを見るたびにもっと早く始めておくべきだったと思います。 例えば4年前の2015年8 …