米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

S&P500を購入したら、トランプ砲が飛んできた!?

投稿日:2019年8月13日 更新日:

2019年7月にアメリカ株に投資しようと決意して、SBI証券の口座を開設しました。

今思うと参入するタイミングが最悪でした。アメリカ市場が最高値を更新する中で購入し、その後FRBの利下げとトランプ大統領の追加関税発言で暴落…

取引履歴

基本的にS&P500がメインですが、NISA枠(年120万円)で個別銘柄も購入

7月16日

ドル購入
200万円→$18,491(レート108.16円)

S&P500
10株 $2,773

AT&T
50株 $1,693

スリーエム
10株 $1,728

7月19日

アッヴィ
20株 $1,375

7月23日

ベライゾン コミュニケーションズ
30株 $1,676

7月31日

アルファベット A
1株 $1,239

約110万円を投資したところで、FRBが0.25%の利下げ。通常株式市場では利下げは好材料ですが、今回の利下げは市場で広く見込まれていましたし、パウエル議長が「長期的な利下げではない」なんて発言するので市場は失望…

さらにトランプ大統領が3,000億ドル相当の中国原産の輸入品に対して、9月1日から10%の追加関税とツイート。

いやいや、トランプさんよ、狙ってたでしょ~、パウエルさんいじめでしょ?

いや~、もう少し待てばよかった。えらいタイミングで参入してしまったな…

S&P500 初購入
(チャート提供 TradingView)

8月2日

ドル購入
100万円→$9,356(レート106.88円)

アルトリア グループ
30株 $1,456

ファイザー
70株 $2,695

S&P500
30株 $8,065

8月6日

S&P500
10株 $2,640

8月7日

ドル購入
100万円→$9,398(レート106.41円)

8月9日

S&P500
40株 $10,664

結果

評価損 -857.62ドル(-90,307円)

為替差損 -78,215円

平均ドル購入レート 107.40円
(4,000,000円÷$37,245)

合計 -168,522円(3,831,478円)

現金残高 1,100万円

まだ証券会社には400万しか移してないですが、約17万円の損失が出てしまい軍資金が1,483万円になってしまいした…

今後も円高と株安が続くと思いますので、残りの現金1,100万を投入し続ける予定です。でもメンタルが持つかな…

どこまで落ちるのか?取り敢えず9月1日の追加関税がどうなるか確認できるまで待った方がいいのか?

でもそんなこと考えている間に米中が歩み寄り爆上げするかもしれないし…

難しい局面ですね。幸いお盆休みで時間もありますのでじっくり考えます。

※投資は自己責任にてお願い致します。

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

消費者物価指数も悪化|リセッションも近いのか

今月はISM製造業景況感指数など指標は悪い結果ばかりです。失業率は良かったですが。 これだけ悪い結果が続くと追加投資が怖い… 最近、指標について改めて調べていますが、今回のテーマは「消費者物価指数」で …

NISA枠で適当に購入した高配当米国株が下落中

NISAをざっくりと説明すると年間120万円、最大5年間、計600万円を非課税で運用できます。売買差益や配当金に対しての税金20.315%がかかりません。 NISAについては何となく把握していましたが …

ISM非製造業景況指数も悪化|追加投資のタイミングがわからない

先日の記事「米ISM製造業景況指数が低下」にてお伝えしましたが、ISM製造業景況指数はかなりの悪化でした。 ※ISMについては、以前の記事「ISM製造業景況感指数とは」をご覧ください。 目次 ISM非 …

VIX指数(恐怖指数)ってなに?今後注意が必要です

お昼休みや出先で世界の株価や為替が気になったときは、「世界の株価」というサイトを使っています。多くの指標を一度に見ることができるので便利ですが、そこにVIX指数というものがあります。 VIX指数とはv …

雇用統計とは|就業者数・失業率・平均時給

昨日、雇用統計が発表されました。 今までは「悪化した」とか「思ったより良かった」など何となく確認する程度でしたが、本格的に米国株に参入するにあたり整理してみました。 目次 雇用統計とは非農業部門就業者 …