英語

七夕の英語表現|The Star Festival

投稿日:

今日のオンライン英会話はネタが特になかったので、明日の七夕の話をしてみました。

七夕は英語で “The Star Festival” ですが、普通の外国の方は「なにそれ?」となりますので、七夕の説明が必要です。

七夕の説明

私は以下のように説明しました。

Every year on July 7th, we celebrate Tanabata. According to legend, a prince named Hikoboshi and a princess named Orihime were separated from God. Because they fell in love and were so crazy about each other that they could not focus on their work. But they are allowed to meet only once a year on this day.
(毎年7月7日に七夕のお祝いをします。言い伝えによると彦星と織姫が恋に落ちて仕事をしなくなってしまったので、神様が別れさせました。しかし年に1度この日だけ会うことを許されました。)

We write our wishes on colorful strips of paper called tanzaku. After writing our wishes, we hang our tanzaku on bamboo branches.
(短冊と言われるカラフルな紙に願い事を書きます。願いを書いた後に笹に飾ります。)

今の私にはこの説明で精一杯です。

あなたは願いは?(What’s your wish?)と聞かれたので、以下のように答えました。

Tanabata is the festival for kids. I don’t do anything special.
(七夕は子供向けのお祭りです。私は特になにもしません。)

短冊にこんなお願い書いてもいいんですかね?
I wish for more progress in my career.
(仕事で昇進できますように)

あと今日使った表現は、
Unfortunately, Tanabata is not a public holiday.
(残念ながら、七夕は祝日ではありません。)
七夕が祝日だったら良かったですよね。ゴールデンウィークから海の日まで祝日がないのは辛い…

おわりに

オンライン英会話で本題に入る前のちょっとした会話を大事にしています。特に今回の七夕などイベントがある時は、説明することにより自分の英語力を高めるようにしています。

余談ですが、地球が誕生してから46億年。仮に半分が雨だとしても彦星と織姫は23億回も会っています。

仮に20歳で結婚して100歳まで一緒に過ごした夫婦でも約3万日。

そろそろ彦星と織姫も飽きているのではないでしょう!?

-英語
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

not more than, not less than, no more than, no less thanの違い

「not more than, not less than, no more than, no less than」ですが、たまに見たり聞いたりすることがあると思います。 この4つって会話で出てくると …

英語の発音は重要なのか!?|LとRの聞き分けは難しい!

TOEIC対策の勉強ばかりしていた頃、発音はこのままでいいのかと疑問に思ったことがありました。TOEICではスピーキングの試験はありません。 リーディングでは発音の違いを聞き分けないと解けない問題もあ …

英語学習のきっかけは海外旅行でした。

モチベーションの維持 TOEIC等の英語の勉強で重要なのは、なにをどう勉強するかではなく、どうモチベーションを維持することだと思います。 英語習得のきっかけになったアメリカひとり旅 大学の卒業旅行とし …

自分の星座を英語で言えますか?

今日もオンライン英会話の先生と雑談していると、星占いの話になりました。私自身そんなには占いに興味がないので、自分の星座くらいしか答えられませんでした。 そこで星座・占いについて整理しましたので、シェア …

野菜の英語表現30選

今回ご紹介する野菜 “vegetables” の英語表現ですが、じゃがいもはポテト、たまねぎはオニオンなど既に皆さんご存じの物も多いと思います。 反対に「スプラウト」って最近よ …