米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

米国株(S&P500)の運用目標

投稿日:2019年9月9日 更新日:

過去のS&P500のパフォーマンス

1970年から2018年(49年間)のS&P500は、年平均14.31%で伸びてきました。もし1970年の初めに1ドル投資していれば、今頃117ドルになっています。(その頃はインデックス投資なんてありませんが)

※関連記事「S&P500とは

リセッションでマイナスになる年もありましたが、年平均14.31%はすごいパフォーマンスだと思います。

ただ最近はそこまでのパフォーマンスはないので、できれば年8%ぐらいで運用できればと思っています。

運用目標

目標金額は1億円です。

1億円まで何年かかるかシュミレーションしてみました。

元金1,500万円、毎年120万円追加投資、年利率8%で運用できた場合

  • 1年:1,620万円
  • 2年:1,879万円
  • 3年:2,159万円
  • 4年:2,461万円
  • 5年:2,788万円
  • 6年:3,141万円
  • 7年:3,521万円
  • 8年:3,933万円
  • 9年:4,377万円
  • 10年:4,857万円
  • 15年:7,897万円
  • 18年:10,368万円
  • 20年:12,363万円
  • 25年:18,925万円
  • 30年:28,568万円

毎年120万円追加していっても1億超えまで18年もかかるとは…

でも元金1,500+追加2,040、計3,540万円で1億円を超えるのでかなりお得です。

節約して追加金を増やすしかありません。しかもなるべく早くに。

また当然上記より運用成績が悪くなることは十分あり得ます。

複利が最強と言っても投資するタイミングが重要

改めて計算すると複利最強だなと思います。できる限り節約して毎年の追加投資額を増やせればと思ってます。

また早く残りの現金をS&P500に突っ込まねばと思いますが、タイミングが重要です。

リーマンショック前の最高値2007年10月に投資していたら、元値に戻る2013年4月まで5年6ヶ月かかりました。

逆にリーマンショック後の最安値2009年3月に投資していたら、上記の元に戻るまでに2.4倍になっています。

前者は5年6か月もの間に全く増えず、後者の場合だったら年24%で運用できていました。

もちろん最安値で購入するなんて無理なのわかっていますが…

こんなこと考えているから未だに3分の2を日本円で保有していますw

一定額の投資を一定のペースで続けるドルコスト平均法でもいいですが、またトランプ大統領が何かしそうで躊躇してしまいます。

まあでも最近は米中貿易戦争が落ち着くまで、日本円の割合は減らさない方がいいのかなと思います。

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


  1. […] 以前の記事「米国株(S&P500)の運用目標」でも紹介しましたが、複利が最強だと思っているので、できる限り早く多くの額を米国株に投資したいと考えています。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次回12月のFOMC前にトランプ大統領に暴れてほしい

目次 2019年10月のFOMC為替2019年12月のFOMC2019年10月30日(水)引け後の投資状況報告 2019年10月のFOMC 今回のFOMCは市場の予想通り0.25%の利下げで、政策金利 …

ドローンでサウジの石油施設を攻撃!? サウジの産油量は世界何位?

3連休初日に風邪を引いてしまい、ほぼ寝たきりで終わってしまいました… 皆様も季節の変わり目はお気を付けください。 この連休中に驚いたのが、サウジアラビアの石油関連施設への攻撃です。しかもドローン10機 …

雇用統計とは|就業者数・失業率・平均時給

昨日、雇用統計が発表されました。 今までは「悪化した」とか「思ったより良かった」など何となく確認する程度でしたが、本格的に米国株に参入するにあたり整理してみました。 目次 雇用統計とは非農業部門就業者 …

円安時にS&P500を購入した場合のパフォーマンス

今年2019年の7月15日よりS&P500のインデックス投資(VOO)をメインに米国株を始めましたが、チャートを見るたびにもっと早く始めておくべきだったと思います。 例えば4年前の2015年8 …

対中追加関税第4弾が延期

昨日(2019年8月13日)の株式市場はアルゼンチン株の大暴落や香港のデモが継続していることもあり、下げたらS&P500を買い増そうと思っていました。 しかしアルゼンチンの株式市場が37%の下 …