米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

【日米貿易協定締結】交渉なんて強者を守るための約束です

投稿日:

日米貿易協定締結

日本は今回の貿易交渉で何としても避けたかった自動車や自動車部品への追加関税だけは阻止できました。

※現在、自動車の関税は乗用車に2.5%、トラックに25%、関連部品に2.5%です。

オバマ前大統領の時はTPPで段階的な撤廃を約束してたのに、TPPを脱退してさらに追加関税をチラつかせるトランプ大統領はすごいですねw

自動車の追加関税に関しては、共同声明の精神に反する行動は取らないとの内容も盛り込まれたようですので、ひとまずは安心です。ただ相手はトランプ大統領です…

また日本はアメリカに輸出する産業機械や化学品、鉄鋼製品など自動車を除く工業品についても関税の引き下げや撤廃を勝ち取りました。

逆にアメリカの成果としては、日本に輸出する牛肉・豚肉・小麦・乳製品・ワインなどの関税をTPPと同水準まで引き下げ、または撤廃することになりました。

最近、日米貿易戦争のしわ寄せがよく来ますね…

日本は今回の交渉でコメも守れたので、安倍首相は「ウィンウィンの合意」だと言っていますが、2国間協議でウィンウィンの結果などありません。

今回は大統領選を前に、強力な支持基盤の農業関係者の支持を取り戻したいトランプ大統領が、譲歩してくれたのでしょうか。

現段階での情報だけではどちらの勝利かわかりませんが、たぶんアメリカの方が有利な協定でしょう。

交渉・契約・条約などは強者が自分を守るためかより儲けるためのものです。

江戸幕府が不平等な日米修好通商条約を結ばされたようにならないためには、相手と同等の力をつけるしかありません。

今後日本がアメリカと同等になるのは難しいので、今回のように極力小さな犠牲に抑えるしかありません。

安倍首相、茂木外相、官僚の方々、交渉お疲れさまでした。

2019年9月26日(木)引け後の投資状況報告

S&P500 130株 $35,701.9
ドル残高 $11,914.36
現金残高 10,000,000円

合計 15,121,129円(+121,129円)

そろそろビットコイン買い時なのかな…

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2020年アメリカ大統領選挙から株価を考える

7月15日からアメリカ株の買い付けを始めましたが、8月1日のトランプ大統領の第4弾追加関税の表明で暴落。 その後、追加関税が12月15日まで延期になり急騰したと思ったら、昨日は景気後退の懸念が高まり、 …

結局は今回のFOMCでは動かなかったですね…

昨日の記事「FOMC会見前にビビッて少し売却しました…」でもお伝えしましたが、FOMC前に一部を売却したのに、結局S&P500の終値は276.59(前日比0.06%) S&P500 9 …

S&P500やアメリカ株を買い始めて、為替の重要性を改めて認識

7月15日から米国株を買い始め、追加関税のトランプ砲も食らいながら、めげずに買い進めています。 目次 S&P500の購入状況為替取引(ドル購入)履歴8月16日(金) 投資状況報告 S& …

今後の投資方針を考えてみた

いろいろと考えましたが、やっぱりS&P500 現在S&P500をメインに投資しています。残りの投資資金1,000万円をどうするかこの数日悩んでいました。 伸びる個別銘柄を見つけられれば …

今月のFOMCでトランプ砲が飛んできそうな気がします

9月6日、FRBのパウエル議長が「適切に行動する」と発言しました。 雇用統計も13万と予想の15.8万人を下回ったこともあり、9月17・18日のFOMCにて0.25%の利下げを行うのでしょう。 米国株 …