米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

S&P500が続伸!!米中が歩み寄ると思わせて!?

投稿日:

S&P500

S&P500が3000を突破してさらに続伸しています。7月26日の最高値3027.98まであと一歩です。本日9月13日に更新する確率も高そうですね。

S&P500とは

来週17・18日のFOMCまでこのペースで行ってほしいものです。

7月15日より米国株に参入した途端に米中貿易戦争の第4弾の発表などあり一時はどうなるかと思いましたが、やっとプラスになってきました。

VOO

日本時間19日3時(18日27時)のFOMC後にパウエル議長の会見があります。

市場は0.25%の利下げ予想ですが、予想通り0.25%の利下げでも0.5%の利下げでもトランプ大統領がパウエル議長に噛みついて、再び市場を混乱させるのではと思っています。

特にこのペースで株価が上がり続ければ、あの方は特に強気な行動に出るのではないでしょうか?

と思ってましたが、かなり歩み寄っている感じですね。

やはり10月1日の中国建国70年があり、中国としてはこの問題を荒立てたくはないのでしょう。

中国は報復関税第1弾のエビ、魚粉、抗がん剤などを除外しました。重要な農産物などはそのままなので、取り敢えずのパフォーマンスだと思いますが。

トランプ大統領も第1~3弾の2,500憶ドル相当の関税を25%から30%に引き上げる予定日を、10月1日から同月の15日に延期しました。

歩み寄るのは良いことですが、トランプさんそれでいいんですか?

今こそが攻め時なのではないですか?

交渉は相手が困っているときこそ攻め続けてください!!

それとも習近平さんと既に密約を結んでいるのですか?

米中貿易戦争

改めて米中貿易戦争についてまとめてみました。

第1弾
米国:340億ドル(25→30%)、自動車、航空・宇宙関連、産業用ロボット、情報通信機器
中国:340億ドル(25%)、自動車、大豆、牛肉、豚肉、海産物、ウイスキー

第2弾
米国:160億ドル(25→30%)、工業用機械、鉄道関連、化学品
中国:160億ドル(25%)、石炭、石油、医療機器、化学品

第3弾
米国:2000億ドル(25→30%)、家具、家電、バッグ、農水産品
中国:600億ドル(10→25%)、LNG、プラスチック製品、コーヒー、宝飾品

第4弾
米国:1100億ドル、9月1日より(15%)、服、靴、家電
   1600億ドル、12月15日より(15%)、ノートパソコン、携帯電話(iPhone)
中国:750億ドル、9月1日より牛肉、豚肉、鶏肉など農産品に10%、大豆に5%
12月15日より小麦や綿花に10%、また自動車にも25~35%の追加関税

う~ん、改めて整理するとえらいことになってますね。協議の再開や少しの品目を除外したぐらいで、なぜここまで株価が上がるのか疑問です。

やはりFOMC前に少し手放した方が良いのか。

0.25%の利下げだとしても既に織り込み済みですし、パウエル議長の会見の後にトランプさんが何かツイートしそうだし、もし利下げしなかったらえらいことになりそうですし、少し売るべきかな…

特に適当に買ってしまった個別銘柄を一掃したいです。

ブログ運営もしづらいですし、適当に買ったので愛着もない…

でもNISA枠で購入しているので、売却してしまうともうその枠は使えなくなってしまいます。

もしFOMC前にS&P500が3100を超えていたらこの分を整理したい…

2019年9月12日(木)引け後の投資状況報告

S&P500 130株 $35,964.5
その他米国株 $12,032.67
ドル残高 $213.92
現金残高 10,000,000円

合計 15,206,798円(+206,798)

初めて含み益が20万円を超えました!!

日米貿易戦争の歩み寄りやECBの-0.4%から-0.5%の利下げや金融緩和等あり世界中で良い流れです。

このままFOMCまではがんばってくれ~

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪出張で26,300円の節約

目次 投資のための節約東京→大阪宿泊(ホテル関西)料金朝食大阪→東京まとめ2019年10月29日(火)引け後の投資状況報告 投資のための節約 先日東京から大阪まで1泊の出張に行ってきました。 会社によ …

米中貿易戦争とG7

目次 米中貿易戦争G72019年8月26日(月)引け後の投資状況報告 米中貿易戦争 昨日はトランプ大統領の「中国側が貿易交渉の再開を求めてきた」との情報で株価が戻りました。 しかしその後、中国はこの情 …

米中古住宅販売件数が悪化|アメリカ経済の勢いが鈍化?

目次 2019年9月の米中古住宅販売件数米中古住宅販売件数とは適正値は2019年10月22日(火)引け後の投資状況報告 2019年9月の米中古住宅販売件数 昨日23時に2019年9月の米中古住宅販売件 …

雇用統計とは|就業者数・失業率・平均時給

昨日、雇用統計が発表されました。 今までは「悪化した」とか「思ったより良かった」など何となく確認する程度でしたが、本格的に米国株に参入するにあたり整理してみました。 目次 雇用統計とは非農業部門就業者 …

米ISM製造業景況指数が低下|追加投資は控えた方がいいのか

目次 ISM製造業景況指数中国ドイツ香港デモ終わりに2019年10月1日(火)引け後の投資状況報告 ISM製造業景況指数 昨日、米ISM製造業景況指数が公表されましたが、10年ぶりの悪い結果となりまし …