米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

米国株・投資

また米中関係の雲行きが怪しくなってきました。さらにイランも!?

投稿日:

米中貿易戦争が再燃!?

ここ最近は米中共に僅かですが、歩み寄りの姿勢が見られ株式市場も好調でした。

中国は報復関税第1弾のエビ、魚粉、抗がん剤などを除外し、トランプ大統領も第1~3弾の2,500憶ドル相当の関税を25%から30%に引き上げる予定日を、10月1日から同月の15日に延期しました。

また今週の次官級貿易協議でも一部を撤廃するなどの情報もありました。

そんな中またあの方がやってくれましたね。

トランプ大統領は「部分合意は求めていない。求めているのは完全な合意だ」と発言。また「来年の大統領選前に同意する必要はない」とも言っています。

10月初旬の閣僚級協議を前に2回目の次官級貿易協議をワシントンで開催していましたが、この発言を受けてか中国代表団は予定していたアメリカの農場訪問を中止して帰国するようです。

当然、株式市場は米中関係の悪化を懸念して下落しました。

はぁ~、いつものことですね、トランプさん

株価が上がれば中国と揉め、株価が下がれば歩み寄る。いつものことです。

以前の記事「2020年アメリカ大統領選挙から株価を考える」でも書きましたが、選挙前に株価のピークに持っていきたいのでしょうね。

私としては現金比率が74%と高まってしまっているので、さらに揉めて買い時を作っていただけると助かりますがw

イラン問題

イエメンの反政府組織フーシ派によるサウジアラビアの石油施設への攻撃以降、裏で糸を引いているとされるイランとアメリカの関係が悪化しています。

トランプ大統領はイラン中央銀行と革命防衛隊の資金源とされる政府系ファンドに制裁を科しました。

イランとの関係悪化が懸念されますが、サウジへの攻撃以降なぜか原油価格は落ち着いています。

また原油WTIのCFDをやろうかなと思いましたが、しばらくはVOO(S&P500)1本で行きます!

WTI

2019年9月20日(金)引け後の投資状況報告

S&P500 130株 $35,756.5
ドル残高 $11,914.36
現金残高 10,000,000円

合計 15,126,524円(+126,524円)

VOO 2019/9/20

米国株を初めて約2か月ですが、ずっと米中貿易戦争に振り回されています…

お互いが関税撤廃する日なんて来るのでしょうか?

その時のS&P500はいくらになっていのでしょうか…

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-米国株・投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米中貿易戦争とG7

目次 米中貿易戦争G72019年8月26日(月)引け後の投資状況報告 米中貿易戦争 昨日はトランプ大統領の「中国側が貿易交渉の再開を求めてきた」との情報で株価が戻りました。 しかしその後、中国はこの情 …

投資の軍資金を稼ぐための節約|出張編

最近、投資の軍資金を増やすためにいろいろと節約しています。 以前の記事「米国株(S&P500)の運用目標」でも紹介しましたが、複利が最強だと思っているので、できる限り早く多くの額を米国株に投資 …

いつまで米中貿易戦争は続くのか?

目次 第4弾の追加関税第1~3弾の関税レアアース米国債まとめ 第4弾の追加関税 9月1日、アメリカは予定通り第4弾の追加関税が発動しました。約1100億ドル(約11兆6000億円)相当のアパレルや家電 …

消費者物価指数とは

今月はISM製造業景況感指数など指標は悪い結果ばかりです。失業率は良かったですが。 これだけ悪い結果が続くと追加投資が怖い… 最近、指標について改めて調べていますが、今回のテーマは「消費者物価指数」で …

円安時にS&P500を購入した場合のパフォーマンス

今年2019年の7月15日よりS&P500のインデックス投資(VOO)をメインに米国株を始めましたが、チャートを見るたびにもっと早く始めておくべきだったと思います。 例えば4年前の2015年8 …