米国株で1,500万円をどこまで増やせるか

S&P500(アメリカ株のインデックス)に全力投資、たまに英語情報も発信する商社マンです。

その他

商社勤務の営業マンが英語を勉強して海外部門に異動|メリットとデメリット

投稿日:2019年8月1日 更新日:

現在、社員80名程の中規模専門商社に勤務しています。

約10年前に中途入社しました。入社から数年は国内営業としてがんばっていましたが、その後海外部門に異動を命じられました。

入社前から英語の勉強をしていましたし入社後も続けていましたが、海外営業はしたくなかったので、上司には異動したくないとお願いしました。

ですが、そこは日本のサラリーマン、あっけなく却下され異動となりました。

海外部門にて原料の輸出入を約5年担当しています。本日は日本国内で海外営業をするメリットとデメリットをご紹介します。
※三菱商事や丸紅などの大手の総合商社とは異なりますのでご注意ください。

メリット

社内で堂々と英語の勉強ができる

異動した当初はメールの書き方もわからなかったので、ネットでいちから調べました。同僚に聞くこともありますが、基本的にはネットで調べています。

また英文契約書の講習など結構高い講習も会社のお金で受けられます。

ただ異動したときにNOVAに通う申請をしましたが却下され、今は自費でオンラインのDMM英会話を使っています。まあ月6,000円くらいなのでいいですが…
関連記事「DMM英会話をおすすめする4つの理由

海外に行ける

当然ですが、出張で海外に行く機会が増えました。夜に現地の美味しい料理を食べたり、空いた時間で観光することも可能です。

マイルが貯まる

出張に行くたびにマイルが貯まります。私の場合、東南アジア等の近場が多いですが、貯めたマイルを使って北海道や九州などに旅行に行ってますw

総合的にレベルアップできる

国内部門だと仕入れから販売や集金など一連の流れがシステム化されていますので営業活動に専念できますが、今は全てを把握していないとまわりません。

他部署とも関わる機会が増え、業務も多く学ぶことが増えましたが、サラリーマンとして日々レベルアップしていると感じます。

視野が広がる

普段から海外と電話やメール、海外に出張する機会が増え、否が応でも視野が広がります。また情報を仕入れるために海外のニュースやサイトを見る機会が自然と増えます。
関連記事「おすすめの英語ニュースサイト4選

刺激を受ける機会が多い

海外では若くして活躍している人に会う機会が多いと感じます。(当然日本にもいるとは思いますが)

また業界的に日本で会う方は大体男性ですが、海外では女性も多く活躍しています。

ただ日本でずっとサラリーマンをしていた私としては、ノースリーブやショートパンツで打ち合わせに参加する女性にはビックリしましたw
結構皆さんラフな格好で、男性もTシャツにジーパンなどは普通です。

人の心を引き付けるプレゼンなど刺激を受けることが多く、それが私のモチベーションを高めてくれます。

デメリット

売上が乱高下する

取り引きが急に終わる時があります。国内営業はまだまだ義理人情が通じますが、海外はドライです…

為替で利益が左右される

数%の利益でビジネスをしているので、海外送金までの数日の間に為替が動くと、利益が縮小したり増えたりします。

利益が増えると偶然、減ると私のせいと言われる…

早く社内レートを導入してください…

値上げ

海外のメーカーによっては、急に値上げをしてきます。しかも交渉の余地なし!?

当然、日本のお客にはそんなスタンスで値上げはできず板挟みに…

出世しづらい!?

会社によると思いますが、上記3つの理由から出世しづらいです。

売上が予算の倍になることもあれば、半分以下になることもあります。

トータルではプラスでも上下の波が激しいと評価も乱高下しますw

営業でしたら毎年確実に数%アップや間接部門で問題を起こさない人の方が
評価も安定します。

海外ビジネスの経験がない上司

特に海外ビジネスを立ち上げて10年くらいの会社は、国内部門上がりの上司が多いので、困ったときに具体的なアドバイスをもらえない。精神面のアドバイスなんていらない…

結局自分で解決するしかないので、スキルアップできますw

たぶん私の上司は三大船積書類(インボイス・B/L・保険証券)をひとつも答えられないと思います。

英語関連は全てまわってくる

英語のメールや電話は取り敢えずまわってくる。それぐらいならまだ大丈夫ですが、「技術資料を翻訳して」とか言ってくる同僚、それができたら転職してますよ!

システムが国内仕様

会社によってはシステムが国内仕様。

海外顧客の長い社名を登録するときに文字数制限で入力できないとか…

新規顧客を見つけるのが難しい

営業マンとして既存顧客の売上増と新規顧客の獲得を目指しますが、国内でも難しい新規顧客の獲得は、海外では本当に難しいです。

まとめ

改めて整理するとデメリットが多いなと感じましたが、人生をやり直すとしてもまた海外関係のビジネスをしたいと思います。

やはり成長するチャンスが多いと感じます。またこれから日本は人口減少などにより経済は失速していくかもしれませんが、海外はまだまだビジネスチャンスがあります。

余談ですが、昔は空港に行くだけでテンションが上がりましたが、今は空港に着くとテンションが下がります…

ブログランキングに参加しています。
ご協力いただけると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-その他
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LCCに乗って痛い目に合いました|長崎旅行

目次 LCC(Low Cost Carrier)航空機の遅延遅延率欠航率遅延時の旅行保険ハウステンボス入場料 ホテル日航ハウステンボス 水産食堂長崎市内観光レンタカーまとめ LCC(Low Cost …